審美歯科

審美歯科とは、歯の白さや、歯並びといった美しさに焦点を当てた歯科医療のこと。 その一つである「セラミック治療」とは、虫歯になってしまった歯や、変色してしまった歯、銀歯などのつめもの・かぶせものを、セラミックでできた白いかぶせものに変える方法のこと。セラミック(陶器材料)の持つ高い硬度と、自然な透明感を利用した治療方法です。また、簡単に歯並びを変えることもできるのも魅力のひとつでしょう。

オールセラミック

すべてセラミックで作られます

メリット

  • 天然の歯に近い透明感で、自然の仕上がりになります
  • 好みの白さに調整ができて、着色や汚れがつきにくいです
  • とても優しい素材で、金属アレルギーの心配がありません
  • 金属類によってできる歯の根元や歯ぐきへの変色がありません

デメリット

  • 金属類を使用してないため、強い衝撃により 欠けたりすることがあります

神経を取ったことにより変色してしまった歯をオールセラミックで改善。 (右上の前歯)

E-MAX

二ケイ酸リチウムガラスを主成分とした新しい歯科セラミックス材料で製作します

メリット

  • 強度が高いため、かみ合わせの強い方、くいしばり、歯ぎしりの方へ有効です
  • 透明度があり、見た目が良く、ほとんど変色しません
  • 汚れ(プラーク)が付きにくいです
  • 歯と分子レベルで強固に接着するため、治した部分から虫歯になりにくいです

デメリット

  • フレームタイプにセラミックを盛るクラウンに比べ、複雑な色付けには限界がある
  • ステイニングした色は、経年の変色を避けられない
  • 良くも悪くも元の歯の色をひろってしまう

E-MAXで白い歯に改善

メタルボンド

金属でできた歯の外部を、セラミックで覆ったかぶせものです

メリット

  • 金属を使用するので丈夫で割れにくく、長持ちであります
  • セラミックの特徴で、色調を選ぶことができ、変色しにくい
  • 金属部分がほとんど見えないため、見た目もきれい
  • 矯正治療のように時間がかからず、短期間で治療が完了します
  • 内部を強固な金属で補強するのでブリッジや連結冠などに最適です

デメリット

  • 色調、見た目はオールセラミックより多少劣ります
  • 使用する金属により、歯茎や歯と歯茎の境目が変色してくる場合や 金属アレルギーを引き起こす可能性があります

奥歯を銀歯からメタルボンドで改善。笑った時の印象が変わります。

ハイブリットセラミック

セラミックと微量のレジン材料(合成樹脂材料)を混ぜ合わせた材料で作られます。

メリット

  • 天然の歯と色を合わせやすいので、自然で目立ちません
  • 天然の歯と同じ硬さなので、かみ合わせでの違和感がありません
  • とても優しい素材で、体への金属アレルギーの心配がありません

デメリット

  • オールセラミックより、レジン材料を配合しているため少し強度が劣ります

ラミネートべニア

色や形に異常のある歯の表面を薄く削り、白いセラミックを貼り付ける治療方法です。

メリット

  • 従来の全部被覆型修復法と比較して、歯の切削量が少ない
  • テトラサイクリンによる強い着色なども対応でき、またホワイトニングに比べ後戻りがない
  • すきっ歯などの小さな狂いを矯正治療を行わずに短期に治すことができる

デメリット

  • 少なからず歯を削合する必要がある
  • セラミックスを貼り付ける治療のためセラミックスの破折のリスクが生じる
  • 表面を薄く削るだけの為、歯の色素沈着(テトラサイクリン等)が酷い場合はその色を隠しきれない


*価格はすべて税抜きです。
*削る大きさによって値段が決まります。詳しくはスタッフが直接、説明いたします。
お気軽にお声掛けお願いします。

※当院は予約制となっております。
治療内容に合わせ、ご予約をお取りしています。
御来院の際は、急患・初診の方も事前のお電話によるご予約をお願いします。 受付は終了30分前までです。初診の方は終了1時間前までにお越しください。

診療カレンダー

スタッフ日記

患者のみなさんとのふれあいや日々気がついた事などをブログにして紹介します!
もっと大久保歯科医院の事を知って欲しいのでみなさん診療前にチェックしてくださいね!

ブログを読む