一般治療

一般歯科

一般歯科は、むし歯歯周病(詳しくは「歯周病治療から予防歯科へ」参照)など基本的な治療です。
どちらも、進行すると歯を失ってしまうお口の2大疾患です。
むし歯も歯周病も、原因はプラーク中に繁殖する細菌です。
これらを丁寧に取り除き「できるだけ歯を保存する」考えを基本にした治療と、再発しないよう予防や治療後のメンテナンスまでプランを考えていきます。

一般的な歯科治療の流れ

Step.1 問診表、口腔内診査

お困りの点をお伺いします。どこがどのように悪いのか診るために、簡単な診査を行います。

Step.2 精密検査

X線検査、歯周組織検査、虫歯の検査を行います。

Step.3 カウンセリング

検査結果をもとに治療計画をたてます。

Step.4 治療開始

治療計画に基づき治療を開始していきます。

Step.5 治療終了

Step.6 定期的なメンテナンス



むし歯治療の流れ

痛みのない小さな虫歯ですと、治療も簡単に早くすみます。
虫歯は進行すれば進行するほど、治療期間も長くなり、治療費用も高くなります。

歯の痛み方と虫歯の進行度合い

自覚症状は感じないエナメル質内だけの初期の虫歯は全く自覚症状がありません。この段階で早期に治療を受けるのが理想です。
甘いものがしみる初期の虫歯は、浸透圧の関係でまず甘いものがしみるということがあります。
冷たいものがしみる虫歯が象牙質に達している状態です。象牙質に虫歯が達して初めて自覚症状が現れます。
熱いものがしみる歯髄(神経)のところまで虫歯が達して、急性の炎症が起きていると熱いものがしみます。かなり虫歯が進行している状態です。
何もしないでも痛みがある非常に具合が悪い状態です。この状態になると治療の際に麻酔が効きにくくなります。
長い間続いていた痛みが治まったので、そのまま放置している痛みを感じる神経自体が虫歯により壊死している状態です。この段階を放置するとやがて根に膿みがたまります。その後、激痛を生じ易くなります。

進行度合いに応じた治療法

C0 削る治療が必用のないごく初期の虫歯

C0は、歯の表面が脱灰(だっかい)し、溶け始めた状態です。痛みはありません。健康な歯の表面は透明感がありますが、脱灰が起こると、その部位が白っぽくなるのが特徴的です。以前は虫歯ということで削る治療を行っていました。しかし今は、適切な歯みがきや、フッ素塗布などにより進行が防げるので、治療として歯を削る必要はありません。

C1 歯の表面の虫歯(エナメル質が侵される)

初期の虫歯で、痛みはありません。治療は、虫歯を取り除き、修復材を詰めるという簡単な治療で終わります。歯科検診を定期的に受けるなどして、ごく初期の段階で虫歯を見つけることが大切です。
虫歯がエナメル質内の段階であるなら、麻酔を使わない治療で済みます。虫歯を削った部位は、レジンをつめます。レジンは光に反応してすぐに固まりますので、型取りをする必要はありません。歯と同じ色にできるので全く目立ちませんが、年月とともに多少変色してきます。

C2 神経に近い虫歯(エナメル質が侵される)

虫歯が象牙質まで達すると進行も早く、神経に近づくにつれ、冷たいものがしみ、痛みを感じます。治療は、まず虫歯部分を取り除きます。症状によっては局所麻酔を使用して治療を行います。削る部分が大きい場合は、インレーという部分的な詰め物をセットします。インレーを作成するには、型をとる必要がありますので、治療には多少時間がかかります。
C2の虫歯でも削る部分が広範囲である場合や、一つの歯に複数の虫歯ができている場合には、クラウンでの治療になることがあります。

・詳しくは「審美歯科」参照

C3 神経まで進んだ虫歯(歯髄まで侵される)

虫歯が神経まで達すると、熱いものがしみる症状を起し、何もしないのに激しい痛みを伴います。
虫歯だけでなく体の痛みは、もうこれ以上放置すると危ないという体のシグナルです。虫歯で痛みを感じる段階も危険度が高い状態で、かなり症状が進んでいる場合がほとんどです。
進行した段階では、神経と炎症の起きている部位を取り除く根管治療が必要になる場合があります。根管治療には、針の形をした専用の器具を用いて治療を行っていきます。
歯の修復の際、この段階では部分的なインレーは使用することはほとんどないので、土台をセットした上で歯全体をすっぽり覆おうクラウンを被せます。

C4 歯が崩れた末期の虫歯(歯冠部まで侵される)

C3と同様に冠をかぶせるか、やむを得ない場合は抜歯を行います。抜歯を行った場合は、「ブリッジ」や「部分入れ歯」、また「インプラント」を行う必要があります。
激しい痛みがしばらく続いた後も虫歯を放置すると、やがて痛みがなくなる段階がきます。C4まで虫歯が進行すると、痛みを感じる神経そのもの壊死してしまうので、痛みを感じなくなるのです。この状態をさらに放置すると、根に膿みを持つようになり、こうなると強烈な痛みを感じるようになります。
この段階まで虫歯が進行してしまいますと、治療の際に麻酔も効きにくくなり、保存治療(歯を残す治療)も困難になる場合があります。

歯の喪失に用いられる治療法


インプラント

ブリッジ

入れ歯
自分の歯と同じように噛むことができますが、インプラントを埋め込む手術が必要です。自分の歯と同じように噛むことができますが、ブリッジを固定するため両隣の歯を削る必要があります。短期間で作成が可能ですが、堅い物や、粘着性のある食べ物では、しっかり噛むことが出来ず、慣れるのには時間がかかります。

・詳しくは「インプラント」「入れ歯、義歯」参照

※当院は予約制となっております。
治療内容に合わせ、ご予約をお取りしています。
御来院の際は、急患・初診の方も事前のお電話によるご予約をお願いします。 受付は終了30分前までです。初診の方は終了1時間前までにお越しください。

診療カレンダー

スタッフ日記

患者のみなさんとのふれあいや日々気がついた事などをブログにして紹介します!
もっと大久保歯科医院の事を知って欲しいのでみなさん診療前にチェックしてくださいね!

ブログを読む